エッジの処理方法

エッジの処理方法 自働車を購入した方の中には、後に付いてしまう傷や汚れを気にする方も多く、ボディの塗膜を保護する方法としてプロテクションフィルムを施工することが注目されています。
透明で光沢のあるシートが該当していますが、平らな面にだけ施工することに限定していれば、DIYで自ら作業はできますが、例えばボンネット1枚をプロテクションフィルムを施工するような場面では、エッジ部分が4か所あることで作業は難易度が高くなることが目立ちます。
この処理方法は意外と簡単で、フィルムはドライヤーなどで熱を与えると伸びる性質を持っています。逆に熱で伸ばして作業した場所においては、後から熱を加える方法で元に戻ろうとする性質もあります。この流れを活用してエッジ部分はフィルムの余白をある程度持たせておき、少し大きめに内側へとドライヤーを使いながら貼り込むと綺麗に施工できます。
最初の段階ではシワが目立ってしまうことはありますが、再度ドライヤーを使う方法で綺麗に貼り付けを行えます。

ガラスの保護にも役立つプロテクションフィルム

ガラスの保護にも役立つプロテクションフィルム フロントガラスは、とても大切な役割を果たしていますが、飛び石などでヒビが入ってしまうこともあります。放置していると、さらに傷が広がることもありますし、そのままでは車検に通らなくなる可能性もあります。安全な運転をするためにも、ひび割れなどは早く直しておきたいところです。
修理後は、再発を防ぐための工夫も考えておきましょう。飛び石による被害を防ぐなら、ウィンドウプロテクションフィルムの施工も考えてみてはいかがでしょうか。プロテクションフィルムは厚みもあるので、飛び石があった場合でもガラスに到達しにくくなります。さらに、フィルムは柔軟性もありますので衝撃を和らげる効果も期待できます。このほかでは、ワイパーの使用による傷を防ぐこともできますし、もしも割れてしまった場合でも飛散防止に役立ちます。
遮熱機能があるタイプや自己修復機能が付いたプロテクションフィルムもありますので、購入前には機能も確認しておきましょう。